薬剤師 求人 ランキング

薬剤師求人ランキング【希望条件で転職するサイト比較】




薬剤師求人サイトの利用の魅力

 
優良な薬剤師の非公開求人

 

薬剤師の求人サイトへ登録をすると無料で非公開求人情報が得られます。

 

今の仕事を辞めずに転職活動ができる

 

収入がないためのプレシャーは大きいもの。その結果、妥協することうことにもなり兼ねません。

 

忙しい方での大丈夫

 

担当のコンサルタントが対応し、求人探しから病院への交渉、転職のサポートしてくれます。

 

薬剤師求人には

 

 

薬剤師 求人には公開求人と非公開求人があります。公開求人は求人全体の約2割ほどしかありません。公開求人から探しても優良な求人を得ることは難しいのです。

 

 

 


求人を探しには、まず非公開求人情報を得られるかとうかが重要です。求人全体の8割近くあり、優良な求人が多く存在しています。非公開求人は、薬剤師転職サイトで得ることができます。

 

 

 

さらに、担当コンサルタントが対応し無料でサポートをしてくれます。求人を探してくれたり、施設への連絡や交渉もおこなってくれます。転職の相談はしっかり載ってもらったほうが有利な転職が可能となります。

 

おすめの薬剤師求人サイトは?

エムスリーキャリア【薬キャリ】

エムスリーキャリア【薬キャリ】は日本最大級の薬剤師専門転職ポータルです。

 

 

【薬キャリ】の特徴

○業界最大級!3万件以上の求人情報数
○薬剤師専門なので、病院や調剤薬局の求人に強く、業界・勤務形態を問わず幅広いご希望に対応
○地域専任のキャリアコンサルタントが大手から地域密着型薬局までを網羅
○紹介だけでなく薬剤師の派遣登録も可能


 

転職支援サービスに登録!(転職相談)
非公開求人情報やアドバイスをまとめて比較。
非公開の求人をチェックしたい方・キャリアアップの相談がしたい方には魅力的です。

 

m3.com Pharmacistはソニーグループが運営する
日本最大級の薬剤師転職支援・求人検索サイトです。【対応エリア】全国

 

 

 

*完全無料

 

 

 

マイナビ薬剤師

 

人材紹介企業「マイナビAGENT」が運営する薬剤師専門のサイトの「マイナビ薬剤師」です。

 

マイナビ薬剤師は、知名度・利用者数・利用したい薬剤師の転職サイトでは業界トップクラスです。

 

調剤薬局やドラッグストア、病院だけでなう、CRA(臨床開発モニター)やCRC(治験コーディネーター)、製薬会社など、一般企業に強みがあります。


 

【対応エリア】全国

 

 

*完全無料

 

 

 

 

リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師は、リクルートグループが運営する薬剤師専門の薬剤師求人サイトです。全国の求人数は35,000件以上を保有しています。

 

リクルートが運営していることもあり、病院や大手薬局、製薬会社と幅広く求人を保有していることは総合転職会社の強みです。


 

また、担当者の対応は、これまでリクルートの転職させてきたこにより転職に関しては、さすがの対応です。

 

希望条件が少しぐらい厳しい条件でも担当者に相談すれば、良い求人が見つかることもあります。
それだけ豊富に求人があることがリクナビ薬剤師の魅力でしょう。

 

【対応エリア】全国

 

 

*完全無料

 

 

 

日本調剤ファルマスタッフ

 

薬剤師の求人・派遣・転職といえばメディカルリソースの日本調剤ファルマスタッフです。

 

求人件数業界No.1、充実の教育体制、豊富な紹介先で薬剤師の転職をサポートをしています。

 

薬剤師の転職成功率はなんと90%超の実績があります。

 

また今すぐ転職を考えている方もちょっと考え中の方にも対応してくれます。


 

【対応エリア】全国

 

*完全無料

 

 

 

 

その他の薬剤師求人サイト口コミ・評判

 

 

薬剤師求人サイトの有効に利用するには

 

 

薬剤師の転職活動では納得しない限り転職をしない。

 

非公開求人情報を得るだけなら単なる情報でしかありません。しかし担当者がサポートしてくれますので生きた情報を得ることが可能となります。

 

 

担当者は、病院や施設の雰囲気や以前転職させた薬剤師からの情報、定着率などを把握しています。担当者にしっかり相談をすることで、このような生きた情報を得ることもできます。

 

 

場合もよりますが、良い面ばかりでなく、悪い面を伝えてくれたりすることもあります。

 

 

 

担当者を熱心に動くように仕向ける

 

薬剤師の求人サイトへ登録した後に、担当者から連絡があります。その担当者に好感を持たれるようにしたほうが良いでしょう。好感を持ってくれれば、あなたのために熱心に動いてくれたり、病院や施設に熱心に交渉をしてくれます。

 

 

 

特に第一印象が大切になります。連絡をしているのに無視をしたり、悪い態度で接するなど。このようなことは避けたほうが良いでしょう。可能であれば、直接お会いして相談をすると動きが違います。

 

 

薬剤師が転職をするかしないかの迷いがある方は

 

迷っている方は、薬剤師求人サイト担当者へ転職の相談を

 

一人で考えても迷いは、そのまま解決することはないでしょう。薬剤師求人サイト担当者へ転職の相談をすることで、整理でき、自分の意思がはっきりすることになることも少なくありません。

 

 

 

薬剤師求人サイト担当者へ相談

 

 

薬剤師求人サイトの担当者は、求人の傾向や動向を良く知っています。希望するような職場があるのか?ないのか?ということも含めて、担当者と話し合うことではっきりします。

 

 

薬剤師求人サイトへ転職の相談するには、無料登録をすると、担当者から連絡が入りますので、まずは相談をしてみることがおすすめです。

 

 

転職を相談をしたからと言って転職する義務はない

 

転職の相談をしたからと言って、必ず転職しなければならないということはありません。だからと言って、転職の意思があまりないのに、相談するというのはNGです。

複数社登録をする場合

 

複数社登録をすると、多くの求人の閲覧ができ、有利に思えるかもしれません。しかし薬剤師求人サイトを複数社登録をする場合には、注意すべきことがあります。

 

 

最初に担当者に希望や要望を伝える必要があります。

 

 

紙に書いて希望を提出するような条件はNG
担当者に希望や要望を伝える時間のない人はNG

 

 

直接お会いしたり、電話でじっくり希望や要望を伝えるべきことを、ただ単に、給与は〇〇で、通勤時間は〇〇などと条件だけ伝えては担当者は要望が理解できずに、求人の提案はできないと思われます。

 

最初に時間を避けない方は、複数社登録はしないほうが良いでしょう。

 

 

 

 

薬剤師求人サイトの利用を複数社登録していることを伝える

 

 

担当者に他にも登録をしていることを伝えることが大切になります。求人を探すにも担当者は必死で探すわけですが、他社で良い提案があった場合や他に応募したい職場があった場合に、そのことを伝えておかないと、断ることも大変になります。

 

 

 

また、どこからの提案だったかを把握しておく必要もあります。A社から提案をした求人なにに、間違ってB社へ伝えてしまい、応募をしてしまうと、施設側が不信に感じてしまうことにもなります。

 

 

こいうこ混乱を避けるためにも、担当者に伝えておくと、担当者からそれは、当社からの提案でないことを教えてくれることでしょう。

 

 

薬剤師の転職で失敗を避ける方法は?

 

薬剤師の転職で失敗と言えるのは、転職後に後悔することになることです。転職後に後悔することは、思った以上に大変だ。とか思ったような職場でなかったというギャップが大きければ大きいほど感じてしまうものです。

 

転職をするわけですから、こいうことは絶対に避けるべきです。

 

 

失敗を避ける方法1

 

転職の目的・目標意識を高く持つこと

 

転職するにも、ただ単に条件が良いというだけでは、失敗する可能性は大です。なぜならば現実の仕事は大変なものです。好条件だからと言って転職をしてしまうと、職場での悪い部分が見えてしまい不平不満につながります。

 

そこで、頑張る理由がはっきりしていれば、多少の不平不満など感じなくなり長く勤めることができるものです。

 

 

 

失敗を避ける方法2

 

求人先の雰囲気や、求人先の仕事の内容、求められることなどを把握することです。

薬剤師求人サイト担当者は、よく知っていますので、担当者に細かいことでも質問をして把握すべきです。

万が一に知らなかったとしても訪問をしたりし調査をしてくれます。
つまり担当者の役割は重要になるのです。

 

 

 

 

 

登録後に

登録後に
登録後の担当者から連絡があります。これは転職相談のためのアポイントの連絡です。転職相談は担当者があなたの希望や要望をお聞きします。

 

その後に、希望に沿う質の良い非公開求人を探し、見つかり次第、提案をしてくれます。また、今後どうしたらいいのかなど説明をしてくれます。

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME 非公開求人って? 求人サイトメリット 求人サイトデメリット 求人サイトの利用 転職までのプロセス